2019.03.15

ラグビーW杯、日本代表の
最終兵器の名は「アタアタ・モエアキオラ」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 2019年ラグビーワールドカップ開幕まで、あと200日を切った。

 この残り少ない期間で、日本代表の新たな武器となる選手は出てくるのだろうか――。その問いに対し、ラグビーワールドカップのPRキャプテンを務める俳優・舘ひろし氏も期待を寄せる選手がいる。それが、トンガ出身の万能BK(バックス)アタアタ・モエアキオラだ。

2016年に初キャップを獲得したアタアタ・モエアキオラ すでに日本代表3キャップのアタアタは、ワールドカップに向けた日本代表候補選手(第3次トレーニングスコッド&ナショナルディペロップメントスコッド)計48名のなかで現在、唯一の「海外組」である。

 今年3月で東海大を卒業する23歳のアタアタは、4月から昨年度のトップリーグ王者・神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属する。それと同時に、神戸製鋼が提携しているスーパーラグビーの強豪チーフス(ニュージーランド)入りも果たした。

「早くスーパーラグビーでプレーしたい!」。アタアタは東海大時代、常々そう話していた。サンウルブズをのぞき、日本の大学からスーパーラグビーチームに所属した例は、過去初めてのことである。

 ただ、アタアタがどこまで出場できるのか、正直、懸念はしていた。チーフスはスーパーラグビー優勝2回の強豪で、LO(ロック)ブロディ・レタリックやSO(スタンドオフ)ダミアン・マッケンジーなど、「オールブラックス」ことニュージーランド代表の中軸も多数在籍している。かつては日本代表主将のLOリーチ マイケルもプレーした。

 しかしフタを開ければ、アタアタは開幕戦で控えながらスーパーラグビー初出場を果たす。そして第2戦はWTB(ウイング)で初めて先発を任され、切れの味のいいランニングで初トライも獲得。いきなり能力の高さを見せつけた。チームは現在4連敗と調子が出ないが、4試合中3試合に出場している。