2019.03.18

100点中1点→完全復活へ。
頼れる男マフィがサンウルブズ・デビュー

  • 松瀬 学●文 text Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 待ちに待った2015年ラグビーワールドカップ(W杯)戦士のサンウルブズ・デビューである。チームはレッズ(オーストラリア)に逆転負けを喫しながらも、「ナキ」ことアマナキ・レレイ・マフィが今秋のW杯に向け、健在ぶりをアピールした。暴行トラブル、自主謹慎などを経て、3つのことをより意識するようになった。

後半出場時、会場から拍手で迎えられたアマナキ・レレイ・マフィ(写真中央)「感謝」と「責任」、「ラグビーができるヨロコビ」。

 感情が揺さぶられる試合だった。キックオフ直前、グラウンド中央に両チームが一緒に肩を組んで円陣をつくった。ニュージーランド・クライストチャーチで起きた銃乱射事件の犠牲者に黙とうを捧げるためだった。そこに背番号20のマフィの姿もあった。

 3月16日の東京・秩父宮ラグビー場。ちょうど晴れ間が広がった後半5分、マフィ(ナンバーエイト)の交代を告げるアナウンスが流れるとスタンドから大歓声とあたたかい拍手が沸き起こった。「待ってたよ」とのおじさんの声援も。

 試合後。シャイなマフィが「もう」とつぶやき、小声でつづけた。

「すごい、感動しました。試合のあと、泣きそうな感じで。ずっとみんなに心配かけたのに…。ありがたいなって」

 テレビの囲みインタビューでは、最後、深々と頭を下げた。

「日本のみなさん、応援してくれたみなさん、あなたたちのおかげで、ここで試合ができて…。ありがとうございました」