2018.06.11

こっちの「ジャパン」は強いぞ!
ラグビー日本代表、イタリアに快勝

  • 松瀬学●文 text by Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 自信膨らむ、大きな勝利である。ラグビー日本代表がテストマッチ3連戦の初戦で、欧州6カ国対抗のひとつ、イタリアをダブルスコア(34-17)で倒した。約2万6千人の大歓声と拍手がドームに響き渡るなか、赤白ジャージの選手はグラウンド中央で円陣をつくった。

「”勝っても反省しよう”と言ったんです」と、フランカーのリーチ マイケル主将は落ち着いた口調で述懐した。あくまでゴールは来年のラグビーワールドカップ(RWC)である。まだ成長過程なのだった。

「試合中、すごく大事な場面がいくつかあって、チームとして乗り越えたことをすごくうれしく思います」

 ただ、これで満足はしていない。反省もある。例えば、ラック周りのディフェンスで何本か抜かれたこと、あるいは蹴ったボールのディフェンスが少し遅れたこと……。

 勝敗を分けたポイントのプレーは? そう記者から聞かれると、29歳の主将は「試合前に勝利は決まっていた」と答えた。

 なぜなら、まずは正しい準備ができたからだった。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)ら首脳陣が、今季はほぼ同じ陣容でスーパーラグビーのサンウルブズを指導してきた。この日の23人のうち、サンウルブズに所属していた選手が20人を占める。だから、個人技がかみ合い、コミュニケーションや戦術の習熟度も格段に上がった。

 コンディションにも配慮し、主力選手には合宿前、1週間の休養が与えられた。そのうえで2週間の準備を重ねた。チーム状態は最高といってもよかった。加えて、「意思統一」である。チームスローガンの『ワンチーム』としての結束力である。