2018.01.09

逆転でV9の帝京大。新リーダー竹山晃暉は
V10の有言実行なるか

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

「紅き王者」がその優勝回数をさらに積み上げ、前人未踏のV9を達成――。

 1月7日、全国大学ラグビー選手権の決勝が東京・秩父宮ラグビー場にて行なわれた。8連覇中の帝京大は19年ぶりに決勝進出を果たした明治大と対戦。予想外の苦戦で前半リードを許すものの、後半に入って13点差をひっくり返し、9年連続9回目となる大学日本一の栄冠に輝いた。

帝京大の9連覇に貢献したWTB竹山晃暉(左から3人目) 勝敗を分けたのは、勝負どころの集中力と、そしてこの決勝が大学最後の試合となる4年生の底力だった。

 リードされた状況から1トライを返して14-20で迎えた後半20分、帝京大はミスを犯してゴール前まで攻め込まれるものの、No.8(ナンバーエイト)吉田杏(よしだ・きょう/4年)が相手のボールを奪って反則を誘う。そこからクイックタップ(チョン蹴り)で一気に攻め込み、連続攻撃から副将のFB(フルバック)尾崎晟也(おざき・せいや/4年)が抜け出すことに成功した。

 そして、最後も4年生。大学生活の多くをケガで苦しみ、初めて決勝の舞台を踏んだCTB(センター)岡田優輝(4年)がピック&ゴーで中央に飛び込み、明治大との勝負を決した。