2016.07.02

円盤投げ、ママさん…。
多彩なサクラセブンズが金メダルに突っ走る

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu  齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 リオデジャネイロ五輪で金メダルを目指す7人制ラグビー(セブンズ)の女子日本代表『サクラセブンズ』の選手団がこのほど、発表された。淘汰と選別をくぐり抜け、ぐっと踏ん張って、メンバー入りしたのは13人だった。ただ7月中旬までに最終登録メンバー12人に絞られる。

 信念の人、ヘッドコーチ(HC)の浅見敬子のもと、日本代表チームが結成されて約5年が経つ。活動日として強化合宿、遠征などをトータルすると「1060日」、挑んだ試合は「223戦」に及んだ。つらい選考にあたった浅見HCはこう、説明した。

「心身ともにタフだと思える選手を選ばせてもらいました。本当にバラエティーに富んでいます。世界と戦える武器がある選手、強みがある選手、課題に真摯に向き合える姿勢を評価して、決めました」

 メディアはざっと150人が詰めかけた。エースの26歳、山口真理恵はこう、決意を口にした。

会見でコメントするサクラセブンズのエース、山口真理恵

「オリンピックでは、今まで私たちがやってきたことを、すべて出して、日本の歴史、女子ラグビーの歴史を変えられるような結果を出せるよう、ひとつひとつ、一瞬一瞬、魂を込めて戦いたいと思います」