2016.01.03

【ラグビー】先輩リーチ マイケルの檄。東海大が王者・帝京大に挑む

  • 松瀬学●文 text by Matsuse Manabu  井田新輔●写真 photo by Ida Shinsuke

 青い塊がじわじわと動いていく。青色ジャージの東海大モールが紫紺ジャージの明大を押し壊し、インゴールになだれ込んだ。後半28分、トンガからの留学生、テビタ・タタフの同点トライ……。

 東海大モールの強みは? と問えば、東海大のフランカー藤田貴大(たかひろ)主将は即答した。

「塊ですかね。あのトライをとったところも、メイジさんからプレッシャーを受けていたんですけど、最終的にはしっかり塊が前に動いて、タテに切り返して、ゴールラインを割ることができました」

大学選手権準決勝、明大に逆転勝ちした東海大

 新春2日の秩父宮ラグビー場。東海大が28-19で明大に逆転勝ちし、6年ぶりの決勝進出を決めた。力と力の真っ向勝負。勝敗を分けたのは、モール練習にかけた質量の差、これで勝負するという意思統一の差だった。

 前半は明大のフォワード(FW)、バックス(BK)一体となって前に出る勢いに押されて、3トライを許した。12点のビハインド。「正直、僕はとても焦っていました」と漏らす藤田主将はハーフタイム、チームメイトに声をかけた。

「つらくなったら、スタンドをしっかり見よう」と。スタンドには声を枯らして応援する控え部員が陣取っていた。

 この日は明大の巧みなモールつぶしにあって、それほど前進することはできなかった。でも、激しいブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)での攻防ではボディーブローのパンチのごとく、明大の体力を奪っていった。決め事は「5歩」である。