2015.09.14

【ラグビーW杯】エディー・ジョーンズが残した「最大の功績」とは?

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji  photo by AFLO

ラグビーワールドカップ2015観戦ガイド(2)

 エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表は、「アジアの雄」として8回目のラグビーワールドカップ(W杯)に挑む。しかしながら、過去のW杯通算成績は1勝2分21敗。前回大会は「オールブラックスの伝説的WTB(ウイング)」ジョン・カーワン体制で挑んだが、1勝すら挙げられずに1分3敗で予選プール敗退となってしまった。

さまざまな強化で日本代表を変えたエディー・ジョーンズHC 4年後の2019年には、W杯の日本開催が決まっている。そのためにも、次期開催国の日本は世界相手に戦えるだけの実力をW杯で示さなければならない。それを実現すべく白羽の矢が立ったのが、オーストラリア人の名将エディー・ジョーンズだ。
前回の記事はこちら>

 ジョーンズHCは1996年、東海大でプロのコーチとしてのキャリアをスタートさせた。1997年にはオーストラリアのブランビーズでスーパーラグビー初優勝を成し遂げ、2003年のW杯では母国を率いて準優勝。さらに2007年のW杯では、南アフリカ代表のアドバイザーとして優勝に貢献した。その後、戻ってきた日本ではサントリーサンゴリアスを2冠(トップリーグ&日本選手権)に導いている。

 まさしく、世界も日本も知る名将だ。日本ラグビー界にとっては「切り札」とも言える指揮官だろう。ただ残念ながら今大会前に、W杯限りで日本代表のヘッドコーチを辞任することが発表された。W杯の1年前から、「すべてはW杯のための準備」という言葉を繰り返してきたジョーンズHC。ついに迎える本番を前に、「エディー・ジャパン」の3年5ヶ月を振り返っておきたい。