2015.08.02

【ラグビー】W杯まで50日。勝利へ問われるジャパンの修正能力

  • 斉藤健仁●文&写真 text & photo by Saito Kenji

 9月から10月にイングランドで開催されるワールドカップ(W杯)を控えるラグビー日本代表(世界ランキング13位)はパシフィック・ネーションズカップ(PNC)に参戦している。7月29日、カナダ・トロントで同10位と格上のフィジー代表と相まみえた。前半途中まで9-0でリードしたものの、22-27で惜敗した。

 W杯まで残り50日を切った。日本代表は初めて、南半球のプロリーグ「スーパーラグビー」を経験した8選手がスターターに顔を揃える”最強の布陣”を敷いた。特に、優勝2回のチーフスで主軸として活躍したFL(フランカー)リーチ マイケル主将、ハイランダーズの初優勝に貢献したSH(スクラムハーフ)田中史朗、レッズで持ち前の突破力を見せていたNO8(ナンバーエイト)ツイ ヘンドリックは今シーズン初先発となった。3人が加わった全体練習は1日のみだったが、本番を見据え、国内組との「融合」に期待感は十分だった。

突破を図るリーチ マイケル(左から2人目)。スーパー ラグビーを経験して、また、ひと皮向けた

 一方、フィジー代表は、フランスやイングランドなどの欧州組中心で「身体能力が高く、大きくて速い。PNC(出場国)の中で一番強い」と指揮官は警戒。フィジー代表はセブンズ(7人制ラグビー)が世界一盛んで、スペースを与えてカウンターで走らせるのは危険だ。どう守るかが焦点の一つだった。またフィジー代表は、日本代表にとってはW杯本番で対戦する「仮想・サモア代表」という位置付けでもあった。