2014.10.24

【ウィルチェアーラグビー】アジアパラで金。成功しているチームの活性化

  • 瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka
  • 吉村もと●写真 photo by Yoshimura Moto

 韓国で開催されている仁川2014アジアパラ競技大会を戦う、ウィルチェアーラグビー日本代表は、史上初の金メダルを獲得。この大会()の初代王者に輝いた。
※アジアパラ競技大会は2回目だが、ウィルチェアーラグビーの開催は初めて。

チーム最年少の18歳ながら今大会最多得点を決めた和知拓海 大会には普及途上のマレーシアとインドネシア、世界ランキング24位の韓国、そして、リオパラリンピックで悲願のメダル獲得を狙う世界ランキング4位の日本の4カ国が出場した。総当たり2回の予選リーグで、負けなしの6勝だった日本は、決勝で韓国を60対40で下し、全勝優勝を飾った。

 もっとも世界ランキング4位の実力を持ってすれば、日本の優勝は順当な結果と言える。ターゲットとするのはオーストラリア、アメリカ、カナダの世界トップ3であり、アジアで負けている場合ではない。だが、リオそして東京パラリンピックを視野に入れた若手強化の機会としてこの大会はとても意味のあるものになった。

「選手だけではなく、スタッフも若手ばかり。コーチも試行錯誤だったが、みんながついてきてくれて自信になった」とアシスタントコーチの三阪洋行氏は語った。

 若手中心のチーム編成とはいえ、世界ランキングに影響する大会だった。キャプテンを務めた中堅の若山英史は「内容を求めつつ、勝ちにいかなくてはならない。そんな中で若手がたくさん試合に出て、さらに、それだけではなく若手だけでラインをつくる場面でも自分たちで(連係プレイを)突き詰めることが最後までできた」と振り返る。