2014.09.25

【ラグビー】7人制日本男子、リーチ参戦で3連覇へ

  • 松瀬 学●取材・文・写真 text&photo by Matsuse Manabu

9月特集 アジア大会2014の発見!(10)

 2016年リオデジャネイロ五輪で正式採用された7人制ラグビー(セブンズ)の日本代表が、来年の同五輪アジア予選を占う仁川アジア大会(韓国=ラグビー競技は9月30日、10月1、2日)に挑む。男女とも目標は「金メダル」。特に戦力充実の日本男子は大会3連覇をもくろむ。

16日の記者会見で抱負を語る男子HC瀬川智広と女子HC浅見敬子

「もちろん、金メダルを獲って帰ってきたい。オリンピックに向け、いいシミュレーションにもなります」と、日本男子の瀬川智広ヘッドコーチは言う。いいシミュレーションとは、15人制日本代表の主将、リーチ・マイケル(東芝)を招集できたことを指す。フィジカルの強さとしなやかなランを持つニュージーランド(NZ)生まれの25歳。ここでセブンズの適性を示し、15人制との両立を証明できれば、今後のセブンズ日本代表の強化にとっては大きな力となる。
 
 日本男子はこのほか、帰化したばかりのNZ生まれのトンガ系、レメキ・ロマノ(ホンダ)も代表入り。トンガ出身のラトゥイラ・レプハ(近鉄)を加え、国籍条項をクリアした3選手が日の丸を背負う。同HCは「3人の海外生まれの選手の特徴として、非常にスピードがあって、パワーを兼ね備えている。スペースにボールを運ぶために必要なブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)などで基点になってくれる」と期待する。