2012.09.03

【ラグビー】アメフトとの二刀流に挑戦。
山田章仁が目指す「ダブル日本代表入り」

  • 松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu
  • 井田新輔●撮影 photo by Ida Shinsuke

 感心したのは、試合後、バックスタンドにあいさつに行った際、ただひとり残って、いつまでもファンにサインをしていたこと。

「秩父宮の試合も少ないし、見にきてくれる人を大事にしたいからです」

 これぞプロか。従来の日本人ラガーのスケールを超える27歳。社会的な制約や常識にとらわれない。ある意味、とても独創的な生き方である。

 そういえば、今季パナソニック入りしたニュージーランド代表のスター選手、ソニービル・ウィリアムズはプロボクシングとの二刀流である。山田と同じ年齢。試合前に「2トライならディナーご馳走」の約束をしていたそうで、「まずは彼のパスの前にディナーを期待している」と笑わせた。

 夢が、ラグビーとアメフトの「ダブル日本一」と「ダブル日本代表入り」である。なんと気持ちのいいチャレンジだろうか。

関連記事