「SNSは親指一本で人を死に追いやる危険性も...」それでも 700万フォロワー「レミたん」はTikTokで人を幸せにしたい

  • 永塚和志●取材・文 text by Nagatsuka Kazushi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

ハンドボール・土井レミイ杏利インタビュー (後編)

 ハンドボール日本男子代表チームは、自国開催のため予選免除となった東京五輪を除き、自力では36年ぶりとなるパリ五輪出場を決めた。東京五輪にキャプテンとして出場し、2024年5月をもって現役を引退した土井レミイ杏利は、パリ五輪に挑む代表チームにどのような期待を抱いているのか。

 一方で、TikTokで700万人以上のフォロワーを抱えるなど、SNSを通じて自身の名前を世間に広めた土井。先日、民放系列のパリ五輪メインサポーター就任も発表されたが、引退後のセカンドキャリアでは、どのような活動を軸にその影響力をハンドボールの人気拡大につなげていくのか。

 常に様々なアイディアやこだわりを頭の中に持つ土井の口からは、独特かつ深みのある言葉が連なってくる。

 インタビュー後半では、パリ五輪に臨む日本代表のこと、「レミたん」の愛称で人気を博すSNS活動のこと、そしてセカンドキャリアについて話を聞いた。

>>インタビュー前編を読む

プレーオフの激闘後に取材に応じる土井 photo by Murakami Shogoこの記事に関連する写真を見る

【パリ五輪では"勝ち負け"にこだわってほしい】

――土井さんは2021年の東京五輪にもキャプテンとして出場されましたが、日本代表チームは土井さんにとってどのような存在ですか?

土井 小さいころからの僕の夢で、実は、小学校の卒業文集にも日本代表に入ることが夢と書いていたんです。競技生活のなかでも特に思い入れが強い存在でした。

――7月に迫ったパリ五輪に臨む日本男子代表チームには、どのような戦いぶりを期待しますか?

土井 日本を除くとヨーロッパ勢ばかりのグループに入ったので、かなり厳しい戦いにはなりますが、期待しています。僕が抜けてから若い選手たちがチームに入ってきていて、彼らの活躍でこの五輪切符も獲得できました。その若い力が大会までにどう成長していくかも含めて、楽しみにしています。

――厳しい戦いになるとの見通しのなか、勝ち負けはもちろん、試合の中身も重要といったところでしょうか。

土井 いや、勝ち負けですね。正直、自力で出場するのも36年ぶりですから、もうそれだけですばらしいことではあるんです。ただ、それだけじゃまだ何も変わりません。過去にも、例えば水球日本代表が、リオ五輪の予選で32年ぶりに自力で出場権を獲得しましたが、決勝トーナメントまでは進めず、予選敗退で終わってしまって、(大会中の)放送枠が別の競技に変わってしまいました。注目される前に大会が終わる。そうすると何も変わらないんです。

 ですから、今やっとスタートラインに立った、というだけなんです。ちょっと厳しい意見になりますが、これは激励の意味を込めて、もう一度気を引き締めて、ここで結果を残すことが彼らにとって一番大事だって伝えたいですね。もちろん、ものすごく応援しているんですけど(笑)。

――それはプロ化を控えた日本ハンドボールリーグをメジャーに、ということにもつながってくるのでしょうか。

土井 そう思います。ただ、リーグのほうもちゃんとした受け皿を用意する必要があります。パリ五輪で試合を観て応援してもらえるようになって、いざハンドボールリーグの試合を観に行ってみようとなっても、今までどおりエンターテインメント性にも乏しい、普通の体育館で試合をやっているだけのような、そんなものでは満足してもらえません。

 だからリーグ側も気合を入れて、観に来て本当によかったと思えってもらえるような雰囲気を作っていかないといけません。もし五輪で結果を出しても、そのチャンスを逃すことになってしまいます。

土井もプロ移行後のリーグ戦の盛り上がりに期待しているというこの記事に関連する写真を見る――パリ五輪に臨む彗星ジャパンで注目選手を挙げるとすれば?

土井 もちろん全員に期待していますし、みんなを観てほしいんですけど、パリ五輪出場を決めた時のMVPは、新しく加入したセンター・安平光佑選手(北マケドニアリーグ・RK Vardar)でした。彼は今の若いチームの中心となる選手だと思います。

 それと、ディフェンスの選手は一見あまり目立たないのですが、その中でも髙野颯太選手(トヨタ車体ブレイヴキングス)はすごくいいプレーをしています。彼は僕の高校(浦和学院高)の後輩でもあるので、パリでのさらなる活躍を期待しています。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る