2021.07.30

伊藤美誠が卓球シングルスで日本女子初のメダル。準決敗退後、どう気持ちを立て直したか

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • photo by JMPA

 勝負魂は、烈(はげ)しく、直球である。東京五輪で卓球の伊藤美誠が日本女子初のシングルス銅メダルを獲得した。それでも、笑顔はなかった。「うれしい気持ちはちょっと薄いかな......」と悔し涙を流した。「うれしさは1あるかなというくらい。99は悔しいです」

3位決定戦でユ・モンユ(シンガポール)に勝った伊藤美誠3位決定戦でユ・モンユ(シンガポール)に勝った伊藤美誠

 7月29日の東京体育館。正午からの準決勝。伊藤は同じハタチの中国のホープ、ソン・エイサに完敗した。世界ランキングが相手の3位に対し、伊藤は2位なのに、わずか30分余の0-4のストレート負けだった。

 ソンのサーブの質がよく、伊藤はレシーブを崩されてしまった。何といっても、混合ダブルス決勝で優勝した伊藤に対し、中国選手は必死だった。迫力があった。

 試合に負けたあと、体育館を出る時のテレビインタビューで、日本のエースは目に涙をためていた。伊藤の満足度のバロメーターは自分の力を発揮できるかどうかなのだろう。

「惜しくもなかったので、すごく悔しいです。調子はそんなに悪くないと思います。これが実力。しっかり気持ちを切り替えて、次の試合へ準備したいと思います」

 伊藤はいったん宿舎に戻り、食事、休憩をとった。ただ中国選手に負けたショックは大きかった。松崎太佑コーチが冗談で、「負けたことを忘れて。次は決勝だよ」と言うと、伊藤は笑って、こう返したそうだ。「そんなこと、思えねーよ」

 ただ、3位決定戦の相手、ユ・モンユ(シンガポール)の試合動画を見ると、やっとで勝負魂に火がついた。準決勝敗退から約7時間。午後8時過ぎ。伊藤はユ・モンユに対峙した。