2021.03.07

張本智和は7歳で「3.11」を経験。「生きていられるのは当たり前じゃない」

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • photo by Kyodo News

『特集:東日本大震災から10年。アスリートたちの3.11』
第5回:張本智和

「この10年間、"あの日"を忘れることはありませんでした」

 2011年の3月11日に東日本大震災が発生してから10年。節目となる今年の夏、未だ先行きは不透明だが、東京五輪・パラリンピックの開催が予定されている。

「復興」という理念が掲げられている同大会。そこで自分が戦う意味を、日本代表として戦うアスリートたちは強く意識している。卓球男子代表で、宮城県仙台市出身の張本智和もそのひとり。インタビューに応じた張本は、「3.11」に対して抱く並々ならぬ思いを明かした。

震災から10年が経ち、日本卓球界を代表する選手のひとりになった張本 2011年3月11日。当時7歳で小学1年生だった張本は、仙台にある自宅で学校の宿題に取り組んでいた。午後2時46分、震度6強の地震が発生した瞬間はすぐさま机の下に身を隠したが、揺れがなかなか収まらなかったため、物がなく比較的安全なトイレに家族全員で駆け込んだという。

 そのあとは近所の公園に避難したが、しばらくは車中で生活せざるを得なくなった。

「はじめは怖いというより、びっくりっていうのが一番でした。小学校から食料をわけてもらったり、ロウソクで明かりを灯したり。急激に生活が変わったので、衝撃の連続でしたね」

 しばらくして、両親の母国である中国四川省に渡り、約1カ月滞在した。その間は学校の課題などを終えたあと、近くの卓球場で練習をするという日々を過ごしていたが、「日本が恋しくて、友達に早く会いたかった」と当時の胸の内を明かした。

 仙台に戻ると、張本が当時通っていた東宮城野小や卓球場は大きな被害を受けておらず、授業や練習も再開。徐々に日常を取り戻しつつあった。だが、周囲を見渡すと、電柱は大きく傾き、多くの建物の窓ガラスは割れ、道路は地割れでえぐれていた。宮城出身の筆者も、帰省した時に目の当たりにしたその光景は、未だに目に焼きついている。