2014.10.01

【卓球】女子団体で福原愛「もう銀では満足できない」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • YUTAKA/アフロスポーツ●写真 photo by YUTAKA/AFLO SPORT

9月特集 アジア大会2014の発見!(23)

「加油!(頑張れ)」と中国語の応援が飛び交う中で行なわれた卓球の女子団体決勝。日本は世界チャンピオンの中国に1-3で敗れ、66年バンコク大会以来48年ぶりの優勝を逃して銀メダルに終わった。

 今大会、日本は予選リーグで韓国、準々決勝で香港、準決勝でシンガポールと、強豪に次々と競り勝っていった。そして挑んだ中国との決勝戦は、2012年ロンドン五輪、今春の世界選手権に続いて3戦目。雪辱を果たす上ではまたとないチャンスだったが、最後は中国の底力を見せつけられる格好となった。それでも村上恭和監督は試合後、「これまでは『負けてもともと』という気持ちだったが、今日は私も選手たちも本気で勝つつもりだった」と振り返った。

準優勝の(左)から平野美宇、石川佳純、福原愛 日本はこの日、福原愛を1番手に起用。世界ランキング2位の丁寧との6度目の対決は、過去一度も勝ったことがないという福原が序盤から攻勢を仕掛けて主導権を握った。

 決勝戦の最初の試合で相手が緊張しているのが分かったという福原は「積極的に攻めていこう」と激しいラリー戦に持ち込み、磨いたフォアハンドでポイントを奪って流れに乗った。強打を打ち込み、勝負どころではコースを読んで反撃に転じた。