2014.09.25

【ホッケー】さくらジャパン、ライバルに完敗も手ごたえ

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 長田洋平/アフロスポーツ●写真 photo by Nagata Yohei/AFLOSPORTS

9月特集 アジア大会2014の発見!(11)

 仁川アジア大会第6日の24日、女子ホッケー1次リーグが行なわれ、女子日本代表の「さくらジャパン」はライバル韓国に0-2で敗れた。これでB組の日本(世界ランキング10位)は1勝1敗となり、優勝候補の韓国(9位)は2連勝となった。

 今大会の優勝チームに与えられる2016年リオデジャネイロ五輪の出場権。このアジア大会で五輪出場が決まるのはホッケーのみ。アジアの頂点に立てば、団体競技でリオ一番乗りの切符を手にできるが、その最大のライバルが開催国の韓国というわけだ。

韓国戦でシュートを狙う主将の中川未由希 日本は、前回の中国・広州アジア大会の1次リーグでも韓国に0-2で敗れ、ロンドン五輪の出場権を最終予選に回ってつかんだ経緯がある。ロンドン五輪では日本が9位、韓国が8位、そして中国(世界5位)が6位という結果だった。アジア勢の3番手の位置に甘んじていた日本は、ロンドン五輪の後、韓国人のユ・スンジン監督を招聘して強化を図ってきた。攻守において「三角形」を意識した動きでボールをつなぎ、崩して、奪うという戦術が浸透していくにつれて結果もついてきた。昨年はアジアカップ、東アジア大会、アジア・チャンピオンズトロフィーの3冠に輝いた。

 今大会前の強化試合でも自分たちのホッケーを確立しつつあり、手ごたえを掴んで仁川に乗り込んだ。1次リーグ初戦、香港(世界40位)戦では14-0と快勝して幸先のいいスタートを切っていた。しかし、リーグ2戦目の強豪との一戦では、地元の応援の中で負けられない韓国の勢いとスピードに圧倒され、自分たちがやりたかったことを相手にされてしまう。攻守ともに先手をとられ、前半で2点を失う。後半の第3、第4クオーターでは前半ほとんどなかった攻撃のチャンスが数回あったものの、堅い守りの韓国のゴールを割ることが最後までできなかった。