2019.10.23

ウォリアーズ帝国崩壊→NBAは戦国時代へ。
渡邊や馬場のチームは?

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images

2019-2020シーズン展望@ウェスタン・カンファレンス編

 NBAの新シーズンがついに開幕。今季のウェスタン・カンファレンスの優勝予想は、かつてないほど難しい。過去5年で3度の優勝を果たしているゴールデンステート・ウォリアーズの実力に、陰りが見え始めているからだ。大本命なきウェスタンで、一歩抜け出すチームはどこだ?

「イースタン・カンファレンス編」はこちら>>>

レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの最強デュオが誕生 5シーズン連続でNBAファイナル進出を果たしていた「絶対王者」ゴールデンステート・ウォリアーズ(57勝25敗/ウェスタン1位)の時代にピリオドが打たれようとしている。

左ひざ前十字じん帯を断裂し、リハビリを続けているクレイ・トンプソン(SG)の復帰は、早くとも来年2月。ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ/SF)のみならず、アンドレ・イグダーラ(メンフィス・グリズリーズ/SG)もチームを去り、ショーン・リビングストン(PG)は引退した。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

昨季オールスター初出場を果たしたデアンジェロ・ラッセル(PG)が加入したものの、戦力ダウンは確実だ。とはいえ、ステフィン・カリー(SG)とラッセル、そして復帰したトンプソンがスターターに名を連ねれば、そのオフェンス力はリーグ屈指。昨季まで大本命だったウォリアーズは、ダークホースとして今季を迎える。

 では、ウォリアーズ帝国の崩壊に伴い、新たに台頭するチームはどこか? 昨季の成績をベースに考えるなら、本命はデンバー・ナゲッツ(54勝28敗/ウェスタン2位)となるだろうか。

 昨季のカンファレンス・セミファイナル、ナゲッツはポートランド・トレイルブレイザーズ(53勝29敗/ウェスタン3位)に3勝4敗で競り負けた。だが、プレーオフに進出したチームの実力はかなり拮抗している。しかも、第1シードのウォリアーズ、第3シードのトレイルブレイザーズ、そして第4シードだったヒューストン・ロケッツ(53勝29敗)までもが今季、スターターを大きく変化させている。