2019.01.16

日本のエースが海外挑戦から
5カ月で帰国。比江島慎「後悔してない」

  • 加藤洋●取材・文・撮影 text & photo by Kato Hiroshi/ Brisbane Bullets/ NBL

男子バスケットボール日本代表・比江島慎インタビュー

 2017-2018シーズンのBリーグMVPを獲得したシーホース三河(当時)の比江島慎は、オフシーズンに大きな決断をした。海外挑戦を最大限サポートするという条件で2018年7月19日に栃木ブレックス移籍が発表されたことに続き、8月2日にはオーストラリアのプロバスケットボールリーグ「NBL」のブリスベン・ブレッツへの移籍が電撃発表された。

 28歳にして、初の海外挑戦――。日本代表のエースであり、日本バスケットボール界を背負って立つ男が海外でどんな生活を送っているのか。現状を知るために、オーストラリアへと飛んだ。

 しかし、2019年1月5日、比江島のブリスベン・ブレッツ退団がチームより発表される。海外挑戦半ばでチームを去ることになった心境について、現地で話を聞いた。(インタビュー実施後の1月9日、栃木ブレックスが2018-2019シーズンの比江島との契約合意を発表した)

比江島慎をブリスベン・ブレッツの練習場にて撮影―― まずは、退団することが決まった時の心境を聞かせてください。

比江島慎(以下:比江島) ブリスベン・ブレッツを退団することになり、悔しさもありますが、オーストラリアで海外挑戦をさせていただいたことに感謝しています。

 自分のバスケットボール人生で一番の目標は、2019年のワールドカップ中国大会と、2020年の東京オリンピック。個人としても、チームとしても、世界を相手に戦えることを証明したい。自分の挑戦はまだ始まったばかりなので、このオーストラリアでの経験を活かし、これからも英語やコミュニケーションを学んでいくつもりでいます。

 今後のバスケットボール人生、どのようなキャリアを積んでいくかはわかりません。ですが、失敗にくじけず、目標に向かって前向きに挑戦し続ける姿を、ファンのみなさん、そして将来を担う子どもたちには見てほしいと思っています。

―― 昨シーズンはBリーグでMVPを受賞するなど、目覚ましい活躍を見せた直後にオーストラリアリーグへの移籍を電撃発表されました。海外挑戦を考えるようになった経緯を教えてください。

比江島 日本国内やアジア大会、アジアの強豪チームにはある程度、通用するという自信はついていました。しかし、リオデジャネイロオリンピックの世界最終予選(2016年7月)で世界のチームと初めて戦った時、チェコとラトビアに自分のプレーが通用しなかった部分が見えたので、そのころから「海外のチームで経験を積んでみたい」と思い始めました。