2018.10.16

動画のダンスもチーム内で好評。
渡邊雄太はNBAデビューに準備万端

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 日本バスケットボール界期待の星、渡邊雄太がNBAデビューに近づいている。

 7月にメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約(注)をかわした渡邊は 、10月12日(日本時間13日)まで行なわれたプレシーズンゲーム(オープン戦)の4試合に出場。中でも10月6日(同7日)のインディアナ・ペイサーズ戦では、21分間をプレーして11得点、 3リバウンド、1ブロックを挙げる活躍で存在感をアピールした。

(注)2ウェイ契約は昨季から採用された新制度。基本はNBAチーム傘下のGリーグチームでプレイするが、1シーズンに45日間だけNBAでロースター登録が許される。各チームは2人と2ウェイ契約を結ぶことできる。これによってロースターに登録できる選手数は15人から17人になった。

 そしてプレシーズンゲームが終わって間もなく、NBA開幕ロースター入りが発表された。レギュラーシーズンは10月16日(同17日)に開幕するが、田臥勇太以来となる日本人史上2人目のNBAプレイヤー誕生はもう目前に迫っている。

 10月10日(同11日)にアムウェイセンターで行なわれたオーランド・マジック戦の前後に、渡邊に話を聞いた。アウェーのゲームとあって、当日午前中のシュートアラウンドに足を運んだ日本人記者は筆者のみ。コートサイドに腰を下ろした渡邊は、カレッジ時代と変わらず、丁寧にNBAライフと自身の現在地について語ってくれた。

ペイサーズとのプレシーズンゲーム後にインタビューを受ける渡邊――まだプレシーズンですが、NBAプレーヤーとしての日々はいかがですか?

「かなり充実しています。凄く楽しいなと毎日感じながらやっています」

――ペイサーズ戦での活躍は現地メディアでも大きく取り上げられましたが、ゲーム後は周囲からの反響も大きかったのではないですか?

「いいプレーだったと言われましたし、みんな凄く喜んでくれました。ただ、まだプレシーズンですし、正直、あれくらいではまったく満足していません。今後も自分のやるべきことをしっかりやって、アピールしていきたいですね」

――確かにまだプレシーズンゲームですが、ペイサーズ戦では評価の高いディフェンスやシュートだけでなく、ドライブ、ダンクも含め、さまざまな形でいいプレーができたことは自信になったのでは?

「そうですね。それまでは、プレーする環境のレベルがかなり上がったことで、自分のバスケットボールがどれだけ通用するのかがわかっていなかった状態でした。そんな中であれだけできたことで、自分が今までやってきたことは間違っていなかったと感じられましたし、すごく自信にもつながりました」