2018.10.16

レブロンなき「東の覇権」争い。
セルティックスの独走を止めるのは?

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

2018-2019シーズン展望@イースタン・カンファレンス編

 8シーズン連続で東のカンファレンスを制してきたレブロン・ジェームズは西に旅立った。はたして、東の王者として新たに君臨するのは誰だ――。今季のイースタン・カンファレンスを展望してみたい。

「2018-2019シーズン展望@ウェスタン・カンファレンス編」はこちら>>>

カイリー・アービングが本調子なら、セルティックスのイースタン本命は揺るがない マイアミ・ヒートで4季連続、クリーブランド・キャバリアーズでも4季連続。過去を振り返ると8シーズン、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ/SF)の率いるチームが「東の王者」に君臨していた。

 しかし、その「キング」が西の名門レイカーズに移籍してしまった。よって今季は、9季ぶりにレブロンのいないチームがイースタンの王者となる。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 ただそう書くと、ボストン・セルティックスのファンからすれば、いい気分はしないだろう。

 昨季のセルティックスはカイリー・アービング(PG)とゴードン・ヘイワード(SF)という2大エースを欠きながら、カンファレンス・ファイナルでキャブス相手に3勝4敗と土俵際まで追い詰めた。アービングかヘイワード、せめてどちらかひとりがコートに立っていれば、イースタンの覇者は変わっていた可能性が高い。

 しかし、セルティックスは栄光の代わりに、貴重な経験を手にしている。チームの主軸としてプレーオフを戦い抜いた20歳のジェイソン・テイタム(SF)と21歳のジェイレン・ブラウン(SG)は、今季さらなる飛躍を見せるはずだ。

 2大エースの復帰と若手の成長により、セルティックスが今季のイースタンを独走する可能性も大いにある。もちろん彼らは、その先のリーグ制覇までも視野に入れているはずだ。

 そのセルティックスを追うのは、フィラデルフィア・76ersとトロント・ラプターズだろう。