2018.10.15

王者ウォリアーズ「史上最強説」。
さらなる補強で3連覇へまっしぐら

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

2018-2019シーズン展望@ウェスタン・カンファレンス編

 10月16日(日本時間10月17日)、2018−2019シーズンのNBA が開幕。今季もゴールデンステート・ウォリアーズが優勝すれば、史上5チーム目の3連覇(スリーピート)達成となる。その偉業を阻止するチームは現れるのか? まずは今季のウェスタン・カンファレンスから展望してみたい。

ウォリアーズのスターターは「チームUSA」とも言える顔ぶれとなった 近年のNBAの流れそのままに、望む望まざるにかかわらず、今年のオフも多くのスター選手たちがユニフォームを着替えた。

 その筆頭と言えるのが、地元クリーブランド・キャブスを離れて名門ロサンゼルス・レイカーズに移籍したレブロン・ジェームズ(SF)だろう。イエロージャージーに袖を通したレブロンは、「このチームが偉大な歴史を築いてきたことは、誰もが知っている。数々の優勝、このユニフォームを着て活躍した数々の選手たち、そのことを考えるだけで胸が高鳴る」と語った。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 もちろん、新たなチームでのチャレンジが簡単ではないことも知っている。王者ウォリアーズに対してレブロンは、「彼らを捕らえる道のりは長い」とも語った。

 レブロンを獲得できたものの、レイカーズには誤算もあった。今オフに獲得できると目論んでいたポール・ジョージ(SF)がオクラホマシティ・サンダーに残留したからだ。それを受けて評論家のチャールズ・バークレーは、「最高のシナリオでも、第5もしくは第6シード」とレイカーズを位置づける。

 しかし、レイカーズはマジック・ジョンソン球団社長のお気に入りであるブランドン・イングラム(SF)やロンゾ・ボール(PG)といった若手が軒並み急成長を遂げている。さらに来年オフにはアンソニー・デイビス(ニューオーリンズ・ペリカンズ/PF)の獲得も噂されており、名門復活はもはや時間の問題だろう。