2018.10.04

東京五輪のラストピースは彼らだ。
3人のBリーガーに覚醒の予感

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

 3年目のBリーグがいよいよ開幕する――。

 残念ながら、新リーグが誕生し、「ついに日本バスケが新たな時代を迎える」と鳥肌が立つような、初年度ほどの興奮はない。田臥勇太(PG)率いる栃木ブレックスが初代王者となり、「今季はどんな物語が用意されているのだろう」と胸が高鳴った、2年目ほどの高揚感もない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

2シーズン連続でBリーグのアシスト王に輝いている宇都直輝 もちろん、贔屓(ひいき)のチームや選手がいるファンからすれば、長かったオフシーズンが終わり、待ちに待ったバスケシーズンの到来だ。ただ、過去と比較すれば、Bリーグ関連のメディア露出は減少し、新シーズン開幕とはいえ新規ファン獲得のための話題にも乏しいと言わざるを得ない。

 逆にオフの期間、バスケ関連で世間を賑わせたのは、残念ながら多くのバスケファンを激しく傷つけたアジア大会での不祥事。

 ただ、明るい話題もあった。日本代表の男子はワールドカップ2019 アジア地区1次予選で、6月にオーストラリアを、9月の2次予選ではイランを撃破。オールドファンからしたら、まさに奇跡としか言いようのない連勝だった。

 ただし、アジアの強豪に連勝して話題をさらったのは、渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)と八村塁(ゴンザガ大)の海外組の2選手。彼らをBリーグのコートで見ることはできない。

 きっとBリーグにとっての3年目は、いつの日か大輪の花が咲くことを信じ、下へ下へと根を伸ばすシーズンなのではないだろうか。

 しかし、”いつの日か”は確実に近づいている。

 当初、来年開催されるワールドカップの結果を受け、FIBA(国際バスケットボール連盟)が東京オリンピックでの自国開催枠を日本に与えるかどうか判断するとされてきた。しかしここにきて、今年12月の理事会で自国開催枠について審議されることが決まったと報じられている。

 これは、アジアの強豪国に連勝した直後の日本代表にとって、間違いなく強烈な追い風だ。12月の理事会で東京オリンピック出場が確定する可能性は、非常に高い。