2018.09.22

渡邊雄太と八村塁が挑んだ11日間。
2人の融合で崖っぷちから前進

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayosi Yoko

「僕と塁が入って負けは許されない」(渡邊)

「僕たちがリーダーシップを発揮していきたい」(八村)

 渡邊雄太23歳、八村塁20歳――。アメリカで活動する2人の若者は、ワールドカップ2次予選Window4に参戦する抱負を聞かれると、決まってこう答えていた。

日本代表で活躍する渡邊雄太と八村塁。アメリカでの活躍にも期待がかかる

 渡邊はこの夏にNBAのメンフィス・グリズリーズとの2ウェイ契約()を結び、八村は強豪ゴンザガ大で主力を務め、NBAドラフト候補とされる選手である。そんな日本を背負って立つ2人の初共演となった負けられない戦いは、9月13日にアウェーでカザフスタンを85-70、17日にホームの東京にて、イランを70-56で下して勝利。どん底だった4連敗からの4連勝を飾り、順位をグループ5位から4位に引き上げた。アジアに7枠ある出場権獲得に向けて『崖っぷち』であることに変わりはないが、一歩前進して希望をつないでいる状況である。

※NBAチームの傘下にあるGリーグでプレーしながら、最大45日間だけNBAのロスターに登録が可能な制度

 この夏、2人は約束を交わしていた。

「7月のWindow3が終わってすぐに塁と連絡を取り、『一緒にWindow4に出よう』と約束しました。塁は試合に出るために学業を疎かにできないし、僕はグリズリーズのルーキーなので後れは取れない状況だったのですが、今まで日本代表に参加できなかったので、参加できるときは日本のためにプレーしたいという思いがありました。塁とはじめてプレーをして、それはもう、めっちゃ楽しかったです」(渡邊)

「雄太さんとは夏の間に連絡を取り合って『日本代表で一緒にプレーしよう』と言い合っていました。次の予選はお互いにシーズンが始まってしまうから、ここしかチャンスがなかった。実現できてうれしいし、本当に楽しかったです」(八村)