2018.06.27

Bリーグ王者・田中大貴を直撃。
ピンチの日本代表でも輝いてくれ!

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

 生か死か――。いよいよ、6月29日と7月2日にホーム&アウェーにて、2019年に開催されるバスケットボールのワールドカップ1次予選Window3が行なわれる。

日本代表では思い描く活躍がまだできていないと語った田中大貴 日本はここまで4戦全敗。オーストラリア、フィリピン、チャイニーズ・タイペイとの争いの中でグループ最下位に沈み、このままでは3位までが権利を得る2次予選にすら進めない危機的状況に置かれている。そのため、1次予選の最終2試合が行なわれるWindow3では、日本に帰化した210cmのニック・ファジーカス、NCAAの強豪ゴンザガ大で活躍する八村塁を招集して挽回を図ろうとしている。

 しかし崖っぷちの中、ファジーカスと八村に頼るだけでは危機を脱することはできない。今まさに、日本のバスケットボール界を牽引している比江島慎や田中大貴といったエースの奮闘が必要だ。決戦直前のインタビュー第1弾に登場するのは、5月末に終了したBリーグでアルバルク東京を優勝に導き、チャンピオンシップMVPを受賞した田中大貴

 今シーズンの田中は、得点でもゲームコントロールでも、チームを背負う中枢として機能し、名実ともにエースとして存在感を示した。だが、ここまでの日本代表では、Bリーグでの活躍を思えば、今ひとつ役割を見つけられずにいる。この厳しい局面で、得点でもディフェンス面でも、的確な判断力を持つ田中の力は発揮されるのか。