2017.10.17

全GMの97%が1位予想。
最強ウォリアーズに対抗できる3チームは?

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

2017-2018シーズン展望@ウェスタン・カンファレンス編

 歴代最強クラスの戦力を有すゴールデンステート・ウォリアーズが連覇を目指す2017-2018シーズン。もちろん、ライバルも指をくわえてそれを見ているわけではない。王者打倒を虎視眈々と狙う対抗馬はどこか。イースタンに続き、今季のウェスタン・カンファレンスを展望してみたい。

「イースタン・カンファレンス編」はこちら>>>

ステファン・カリーの視線はすでに今季のファイナルに向いている? その強さは圧倒的だ――。昨季のNBAファイナル、ゴールデンステート・ウォリアーズ(67勝15敗/ウェスタン1位)はクリーブランド・キャバリアーズと対戦。シリーズを4勝1敗で圧倒し、直近3年で2度目の優勝を飾った。しかも、プレーオフを通じて16勝1敗はNBA史上最高勝率だ。

 今季も豪華なスターターは健在。ステファン・カリー(PG)、クレイ・トンプソン(SG)、ケビン・デュラント(SF)、ドレイモンド・グリーン(PF)。そのままアメリカ代表と呼んでもおかしくないラインナップだ。

※カッコ内は昨季レギュラーシーズン成績。ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 しかもその戦力は、昨季以上と言っていい。今オフ、昨季平均13.2得点と他チームなら胸を張ってスターターを務めることができるニック・ヤング(SG)を獲得。さらにドラフト2巡目全体38位で獲得したルーキーのジョーダン・ベル(PF)はリバウンドとディフェンスを得意としており、「ドレイモンド・グリーン2世」と呼ばれるほどの高評価を受けている。