2016.08.01

【国内バスケ】折茂武彦がBリーグを語る。
「失敗すれば未来はない」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • TOBI●撮影 photo by TOBI

 でも、ファン、スポンサー、身近な方......いろんな人に会うたびに、まるで挨拶のように『来年もやるよね?』って言われて。やっぱり必要とされてるって嬉しくて。なかには、『折茂はもういいよ』と思っている人もいるでしょう。でも、僕がコートに立つことを望んでくれる人もいる。『ならば、やってみよう』って奮い立たされたのが去年でした。

 今年はBリーグ元年。バスケットの変革の年。僕は日本リーグ、スーパーリーグ、JBL(日本バスケットボールリーグ)、NBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)、すべてを選手としてやってきた。だからBリーグも、外からではなく、選手として経験したかった。だから、今年も現役を続けます」

 もちろんコートに立てば、年齢を言い訳にする気などさらさらない。

「いろんなコーチに、『バスケは戦争だ!』って、僕は教わってきました。試合前は、『今から戦いに行くんだ。相手を突き飛ばそうが、叩こうが、何をしても勝たなきゃいけない!』と。戦場に年齢は関係ないですから。だからなのか、よく言われる『競技を楽しめ』的な考えは、まったく理解できないんですよね。練習でも、試合でも、バスケが楽しいと感じたことは一度もないんで。いつか、引退して現役時代を振り返るときが来たら、『楽しかったんだな』って思うんですかね」