2015.12.04

【NBA】ドラフトの当たり年。「3人の超人ルーキー」に注目!

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

 現地時間11月29日、コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ/SG)が今季限りでの引退を表明し、世界中のNBAファンに衝撃を与えている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

今年のドラフト全体1位でNBA入りしたカール=アンソニー・タウンズ スター選手がまたひとり、リーグを去るのは寂しい限りだ。ただし、去る者がいれば、新たなスターも生まれる。吉報がある――。今季のルーキーたちの活躍を見ていると、今年のドラフトが数年後には、「伝説のドラフト」として語られる可能性が高いからだ。

 まずは、フィラデルフィア・76ersからドラフト全体3位指名を受けたジャリル・オカフォー(C)。10月28日、今シーズン開幕戦のボストン・セルティックス戦でオカフォーは26得点、7リバウンド、2ブロックとセンセーショナルなデビューを飾った。

 デビュー戦で挙げた26得点は、1963-64シーズン以降におけるセンターのデビュー戦での得点としては、29得点のカリーム・アブドゥル=ジャバー(1969年/当時ミルウォーキー・バックス)に次ぐ記録。過去30年でいえば最多で、24得点のアキーム・オラジュワン(1984年/当時ヒューストン・ロケッツ)や、23得点のデビッド・ロビンソン(1989年/当時サンアントニオ・スパーズ)のデビュー戦をも上回っているのだ。

 しかも、オカフォーは現在19歳――。10代のルーキーがデビュー戦で20得点以上を獲得したのは、ラマー・オドム(1999年/当時ロサンゼルス・クリッパーズ/PF)、レブロン・ジェームズ(2003年/当時クリーブランド・キャバリアーズ/SF)、アンソニー・デイビス(2012年/当時ニューオーリンズ・ホーネッツ/PF)に続き、史上4人目の快挙である。