2015.08.28

【女子バスケ】3大会ぶりの五輪出場へ渡嘉敷来夢が「やってやる!」

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

 リオ五輪予選を兼ねたバスケットボールの女子アジア選手権が8月29日から中国・武漢にて開催される。今年6月からWNBA(米国女子プロバスケリーグ)のシアトル・ストームに入団した日本のエース、渡嘉敷来夢(とかしき らむ・24歳/192cm)も一時帰国して24日に合流。12名の代表は決戦の地に乗り込んだ。

若手からベテランまでが力を合わせ、リオ五輪の出場権獲得に挑む FIBA(国際バスケットボール連盟)から資格停止処分を受けていた日本バスケ界。協会会長に就任した川淵三郎氏をはじめとするタスクフォースチームによる、スピード感ある2リーグ分裂の問題解消と役員人事一新の改革によって、晴れて8月9日に正式解除の日を迎えた。「五輪出場ピンチ」という現実を突き付けられなければ動かなかった日本バスケ界だが、キャプテンを務める吉田亜沙美(JX-ENEOS)は「出場できると信じていたし、制裁解除のために動いてくださった方々のためにも、応援してくれる皆さんのためにも、私たちは一丸になって切符をつかみにいく」とより一層の決意を表明している。

 オリンピックの出場枠は12カ国で、各大陸予選でチケットを手にできるのは優勝国のみ。アジアの2、3位は来年開催される最終予選に回ることになるが、日本はこの予選方式になった2008年の北京五輪から、最終予選に回っては出場権を逃している。最終予選では強豪ひしめくヨーロッパ勢を敵に回さなければならないため、是が非でも、今回のアジア予選で切符をつかみたい。