2015.08.26

【NBA】目指せドリームチーム。アメリカの次世代を担う「U-23」たち

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by Getty Images

 オリンピック3連覇を狙う「チームUSA」が、リオ五輪に向けて8月中旬にミニキャンプを行なった。

 キャンプに招集されたのは、レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ/SF)、カーメロ・アンソニー(ニューヨーク・ニックス/SF)、クリス・ポール(ロサンゼルス・クリッパーズ/PG)などの五輪経験組や、昨夏の「FIBAバスケットボール・ワールドカップ2014」の主力だったステファン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ/PG)、ケネス・ファリード(デンバー・ナゲッツ/PF)らのW杯組、そして五輪やW杯の代表候補に選ばれながら、故障で本戦出場が叶わなかったポール・ジョージ(インディアナ・ペイサーズ/SF)やブレイク・グリフィン(ロサンゼルス・クリッパーズ/PF)といった面々だ。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

アメリカ代表の主力となりつつあるアンソニー・デイビス(左)とカイリー・アービング(右) さらに今回のキャンプには、昨季MIP(※)を受賞したジミー・バトラー(シカゴ・ブルズ/SG)や、2年連続リバウンド王のデアンドレ・ジョーダン(ロサンゼルス・クリッパーズ/C)も初めて代表候補として招集された。豪華で多彩な今メンバーは、合計34選手。また、今回のキャンプには招集されなかったものの、コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ/SG)もリオ五輪出場への意欲があることを表明している。

※MIP=シーズンでもっとも成長したプレーヤーに贈られる賞。

 当然、故障などで本戦出場が叶わない選手や、出場を辞退する選手も出てくるだろう。それでも、マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンらを擁し、「ドリームチーム」と呼ばれたバルセロナ五輪(1992年)にこそ及ばないとしても、間違いなく世界最高峰の才能と人気を持つ12名が来夏、リオデジャネイロのコートに立っているはずだ。