F1へのステップアップは確定? デビューウィンを飾ったリアム・ローソンの実力に2連覇中の王者も「速いよ...」と脱帽

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 今年からABEMAで全9戦が無料生配信されることになり、右肩上がりでファン層を広げている全日本スーパーフォーミュラ選手権。4月上旬に富士スピードウェイで開幕を迎え、4月22日・23日には鈴鹿サーキットで第3戦が開催された。

 F1に次ぐ速さを誇るフォーミュラマシンは、世界中のドライバーからも注目を集める。ここで結果を残すことによって、次なる「F1」へ飛び立つステップとなるからだ。

 かつては皇帝ミハエル・シューマッハ(1991年@F3000時代/→ジョーダン)、近年ではストフェル・バンドーン(2016年/→マクラーレン)やピエール・ガスリー(2017年/→トロロッソ)など。そして今季、将来F1へステップアップする可能性を最も感じさせるドライバーが、TEAM MUGENのリアム・ローソン(21歳)だ。

デビューウィンを飾った21歳のリアム・ローソンデビューウィンを飾った21歳のリアム・ローソンこの記事に関連する写真を見る ニュージーランド出身のローソンは、これまで数々のF1ドライバーを輩出してきた「レッドブル・ジュニアチーム」のメンバーである。まだ21歳でありながら、レース経験は非常に豊富。2021年のドイツツーリングカー選手権ではランキング2位、2022年のFIA F2ではランキング3位を獲得している逸材だ。

 シーズンオフの初テストから、ローソンは丁寧なドライビングでマシンに負担をかけないなど、関係者の間でも評価は高かった。そして迎えた開幕戦・富士、ローソンはとんでもない大記録を打ち立てたのである。

 今シーズンの第1戦と第2戦は、土曜日と日曜日に予選と決勝をそれぞれ行なう2連戦。土曜日の第1戦・公式予選、ローソンはいきなり3番手のタイムを叩き出し、サーキットに集まったモータースポーツ関係者全員を驚かせた。

 そこまで皆が驚くのも無理はない。ローソンにとってこの富士スピードウェイは、スーパーフォーミュラのマシンはおろか、実走行をすること自体が初めてだったからだ。

1 / 4

プロフィール

  • 吉田知弘

    吉田知弘 (よした・ともひろ)

    モータースポーツジャーナリスト。1984年12月19日生まれ、石川県出身。2011年よりスーパーGT、スーパーフォーミュラなど国内4輪レースを中心に取材。専門誌やweb媒体などで執筆中。日本モータースポーツ記者会所属。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る