2022.07.08

角田裕毅が引き起こした失態の顛末。ペースの遅いガスリーにチームオーダーが出なかったのは理由があった

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 オーストリアの美しい山々に囲まれたレッドブルリンクは、雨に濡れていた。せっかくの美しい景色が暗く濁っている。

 前戦イギリスGPからの3日間は、角田裕毅にとってそれ以上に重苦しい日々だった。

「接触は完全に僕のミスでしたし、チームのクルー全員にもピエール(ガスリー)にもすぐに謝りましたし、フランツ(トスト)ももちろん怒っていましたし、すべてが自分のミスなので怒られて当然だと思います。

 厳しいレース週末のなかでポイント争いができていたので、余計にチームをガッカリさせることになってしまいました。なのでチームには申し訳なく思っていますし、デブリ(破片)がマックス(フェルスタッペン)のレースを台なしにしてしまったことも申し訳なく思っています」

角田裕毅はオーストリアGPで挽回を図る角田裕毅はオーストリアGPで挽回を図る この記事に関連する写真を見る  ダブル入賞が可能な状況での、同士討ち。

 そこにつながるプロセスが多々あり、角田としては言いたいこともあっただろう。しかしグッと言葉を飲み込み、ターン3に飛び込んで止まりきれずにスピンしピエール・ガスリーに接触したというミスを全面的に認めて謝罪した。

「間違いなく今までで一番大きなミスだったと思います。特にF1のなかではそうですね。自分たちがポイントを争っていたのを失っただけでなく、ライバルにポイントを献上したことにもなりますから。ゴメン以外に何も言葉がありません。もう二度とあんなミスは犯さないようにします」

 ガスリーもチーム内でしっかりと話し合ったことは認めたが、会話の詳しい内容は明かさなかった。

 ただひとつ、同じミスは二度と犯すな、というアドバイスにすべてが集約されている。

「ドアの向こう側で話し合って、言うべきことはすべて言い合ったよ。彼は謝ったし、チームとしてこういうことは二度と起きるべきではないし、僕も彼に『これは最初で最後にしなきゃダメだね』と言った。

 今年は以前ほど多くのチャンスがあるわけじゃない。だからこそチャンスはしっかりと掴み獲らなければいけないんだ。今回の場合は2台とも楽にポイントが獲れる状況だっただけに残念だけど、誰だってミスは犯すし、『ミスは1回は構わない、でも2回目はダメだ』と言ったんだ」