2022.04.23

角田裕毅を負のスパイラルに陥らせたクラッシュから1年。苦い思い出のイモラは「いいサーキット」に消化済み

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 角田裕毅にとって、エミリア・ロマーニャGPは"地元"レースとなる。

 昨年中盤にイタリアへ引っ越して以来、イモラにほど近いアルファタウリの本拠地ファエンツァに居を構えてきた。今年のエミリア・ロマーニャGPは、自宅から通う初めてのレースということになる。

 もともと、サーキットを一歩出ればオンオフを切り換えるタイプだという角田にとっては「それほど大きな違いはない」と笑いながらも、やはり自宅ではリラックスすることができる。

角田裕毅は多くの経験を経てイモラに帰ってきた角田裕毅は多くの経験を経てイモラに帰ってきた この記事に関連する写真を見る 「まぁ、サーキットに入っちゃえばそんなに違わないんですけど、サーキットを出て家に帰るとなると落ち着きますね。僕はサーキットを出た瞬間にオフになる。ホテルに帰ったとしてもオフなので。

 そこは変わらないんですけど、自分の家が汚いんで(苦笑)。いつもならホテルの人が綺麗にしてくれるから、どっちもどっちですね(笑)。ただ、いつもよりはリラックスできますね」

 前戦オーストラリアGPでは予選・決勝で思わぬ失速を強いられた。だが、コースオフの際に負ったフロアのダメージ、そしてセットアップ面の不備も見つかった。つまり、同じ問題の再発はないということだ。

 それよりも、角田としては気になるのは信頼性のほうだ。

「問題は信頼性ですね。毎週末、何かしらのトラブルが出てしまっているので、それが大きな問題です。早くそれが解決できることを願っています。

 パフォーマンス面でも、期待していたレベルには少し届いていないので、今週末に投入するアップグレードが機能してくれることを期待しています。今年初めてのスプリントレース週末がこんな(ウエット)コンディションでの開催なので、かなりチャレンジングですけど準備はできています」

 F1はヨーロッパラウンドの開幕を迎え、本格的な開発競争が始まる。ほぼすべてのチームがアップデートを持ち込むのが例年のことだが、今年は完全刷新のマシンだけに、この開発競争こそが例年以上にシーズンの趨勢を握ることになる。