2022.04.21

スーパーGT開幕戦で予想を裏切った「Z」。トヨタのお膝元・富士スピードウェイで日産の下克上あるぞ!

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 国内最高峰のモータースポーツ「スーパーGT」の2022シーズンがスタート。トヨタ・スープラ、ホンダNSX、日産フェアレディZ......それぞれ個性ある車両をベースとした3メーカーのマシンがしのぎを削るGT500クラスは、開幕戦から一歩も引かぬバトルを演じた。

 スーパーGTは成績に応じてマシンに重りが搭載される「サクセスウェイトシステム」を導入している。ただし、シーズン幕開けとなる第1戦では当然、全車ウェイトは搭載されない。つまり、4月16日・17日に岡山国際サーキットで行なわれた初戦は"ガチンコ勝負"となる。

日産の新型Zが今季のスーパーGTで話題をさらっている日産の新型Zが今季のスーパーGTで話題をさらっている この記事に関連する写真を見る  3メーカーの実力が測られる第1戦を制したのはトヨタ勢。ナンバー14のENEOS X PRIME GR Supraが優勝を飾った。トヨタはここ数年、この岡山で圧倒的な強さを発揮しており、2020年にはトップ5、2021年はトップ4を独占するなど、今年で3年連続の開幕戦ウィンとなった。

 しかし、2番手以下を見てみると、昨年までとは随分と顔ぶれが違う。2位にはSTANLEY NSX-GT(ナンバー100)、3位にはMOTUL AUTECH Z(ナンバー23)と、ホンダ勢と日産勢が表彰台を奪い取った。

 開幕戦で各メーカー1台ずつが表彰台にのぼるのは、実に2010年以来のこと。シーズン前から関係者の間で噂されていた「3メーカー横一線」という勢力図は間違っていなかった。

 そのなかでも、第2戦以降に向けて期待を高めたのは日産陣営だろう。今年新たに導入した日産Zが予想を上回る走りを見せたからだ。

 昨年まで活躍していたGT-Rは、ライバルのマシンと比べて直線スピード勝負で劣る部分があった。だが、今年からZに変更する際、日産陣営はマシンの空力バランスを見直し、直線スピードの改善を図ってきたという。その進化ぶりはたちまち噂となり、シーズンオフのテストから「Zの直線スピードが速い」とライバルも警戒を強めていた。