2022.03.18

今季F1フェルスタッペンの対抗馬は? フェラーリの下馬評高く、メルセデスAMGはトップ脱落か

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

2022シーズンF1注目ポイント@前編

 待ちに待った2022シーズン開幕。ホンダF1が有終の美を飾ってから早3カ月、最速を目指す世界各国のトップドライバーが再び集結した。バーレーンGPから始まる今季23戦のレースでは、果たしてどんなドラマが待ち受けているのか。今季F1を楽しむ注目ポイントをピックアップする。

   ※   ※   ※   ※   ※

昨季初のF1王者に輝いたフェルスタッペン昨季初のF1王者に輝いたフェルスタッペン この記事に関連する写真を見る (1)マシン完全刷新によって勢力図は一変?

 2022年はマシンが完全に刷新されることにより、F1勢力図は大きく動くと予想されている。新レギュレーションをうまく解釈すれば中小チームでも一気に飛躍することが可能で、逆に解釈を誤ればトップチームでも大きくつまずくこともあり得るからだ。

 もちろん、トップチームは強力な設備と人材、そして長年にわたるノウハウの蓄積があるため、大きな崩れはないかもしれない。だが、コストキャップ(予算制限)や空力テスト制限があるため、出遅れからの挽回はそれほど容易ではないと見られている。

 開幕前テストでは、アグレッシブなマシンを投入したもののポーパシング(バウンシング)の問題を解決できず、マシン本来の性能を引き出しきれていないメルセデスAMGは、開幕からトップ争いは難しそうだ。

 逆にレッドブルとフェラーリは、それぞれまったく異なる設計哲学であるものの、いずれも順調な走行で開幕前テストを締めくくっている。まずは彼らがトップ争いの常連になりそうな予感を漂わせた。一方の中団グループでは、マクラーレンやウイリアムズ、アルファロメオが最後に好調さを見せてきた。

 ただし、今年はあまりにマシンが大幅に変わったため、開幕前テストのプログラム内容がチームによって大きく異なっており、レースシミュレーションなどを通しての相対評価は非常に難しい。自己ベストタイムも参考にはなるが、各車の燃料搭載量やパワーモードがわからず、パワーが10kW違えばタイムは0.25秒、燃料の重量が30kg違えばタイムは1秒近く違ってくるからだ。