2022.03.11

角田裕毅に続け。「ホンダの秘蔵っ子」岩佐歩夢は11人目の日本人F1フル参戦ドライバーとなれるか

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • photo by Getty Images

 昨シーズン、小林可夢偉以来7年ぶりの日本人F1レギュラードライバーとなった角田裕毅。デビューイヤーの序盤は苦労も少なくなかったが、シーズン終盤にかけて調子を上げていき、最終戦アブダビGPでは自己最高の4位入賞となった。

 日本人F1ドライバーの歴史をたどると、フル参戦を果たしたのは1987年の中嶋悟を皮切りに、鈴木亜久里、片山右京、井上隆智穂、中野信治、高木虎之介、佐藤琢磨、中嶋一貴、小林、角田の10名。1990年には鈴木、2004年には佐藤、2012年には小林が日本人最高位の3位を獲得している。

今シーズンからFIA F2に挑戦する20歳の岩佐歩夢今シーズンからFIA F2に挑戦する20歳の岩佐歩夢 この記事に関連する写真を見る  現在は角田がファンの期待を一身に背負っているわけだが、彼に続けとばかりに着々とF1の舞台に近づいているドライバーがいる。それが20歳の岩佐歩夢だ。

 大阪出身の岩佐は、両親がレーサーだったこともあって幼少時からカートに乗るなど、物心ついた時からモータースポーツに触れる機会があった。通常なら名門カートチームに所属して腕を磨いていくのが一般例だが、岩佐は親子二人三脚でレースを転戦していった。

「家族みんなで協力してレースを回っていました。親子でやっていた分、技術的なこともわからなかったので、ずっとノーマルなセッティングのままで走って、そのなかで『どうしたら速く走れるのか?』と自分で考えるような癖はついていきました」

 当時はマシンのセッティングに頼るのではなく、自身のドライビングで速さを引き出すことに没頭していたという。

 カートで経験を積んだあと、2017年からフォーミュラカーレースに参戦するチャンスを得て、2018年にはFIA-F4日本選手権にスポット参戦を果たす。しかし結果は振るわず、2019年は鈴鹿サーキット・レーシング・スクール・フォーミュラ(SRS-F)に入校する。

 そこで、同年からSRS-Fの校長に就任した佐藤琢磨の目に止まった。