2022.03.01

角田裕毅の成長にアルファタウリ代表も「驚いた」と絶賛。合同テストで見せた速さと落ち着き

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 2月のバルセロナは、暑いくらいの陽射しが降り注ぐ午後の陽気とは裏腹に、陽が沈むと急に寒さがやってくる。

 2022年のF1最初の走行セッションとなるバルセロナ合同テストは、あっという間に最終日の3日目を迎え、午後6時のセッション終了とともに慌ただしく撤収作業が始まるパドックには肌寒い風が吹いた。

 そんななかで、ホスピタリティユニットをあとに空港へと向かう角田裕毅は、1年前とは見違えるように落ち着いた表情をしていた。

角田裕毅の2年目のシーズンが始まった角田裕毅の2年目のシーズンが始まった この記事に関連する写真を見る 「今日の午後に最後に走れなかったのはフラストレーションも溜まりましたし残念ですけど、テストなのでしょうがないですし、今回の3日間のテストでいろいろとデータは収集できたので気持ちを入れ換えて、バーレーンに向けてチームとともに力を合わせて準備をしたいと思います」

 午前担当のピエール・ガスリーが冷えたタイヤでクラッシュを喫し、そのダメージが予想以上に大きかったために、午後に走る予定だった角田の半日は丸々失われてしまった。

 F1デビュー初年度の角田なら、ここで苛立ちをつのらせていただろう。

 昨年幾度となく犯したミスのほとんどは、焦りや苛立ちからくるオーバードライブだった。メンタルのアップダウンの大きさは角田の人間的魅力でもあるが、昨年はそれがそのまま走りに現われてしまっていた。

 しかし、2年目の角田は違った。

 苛立ちを覚えている自分自身を見詰めることができ、それを客観視して冷静さと前向きさを取り戻すことができるようになっていた。

「2年目の裕毅は経験が増え、テスト初日にミスなく速さを見せてくれて、私は驚いたくらいだ。マシンのペースはとてもよく、信頼性も非常に高い。ドライバーはふたりともにすばらしい走りを見せてくれている。今年はコンストラクターズ選手権5位前後、いやそれ以上が狙えると自信を持てるのは、そういう理由からだ」

 チーム代表のフランツ・トストは、121周を走り込んだテスト初日の角田を絶賛した。