2021.10.08

レッドブル・ホンダ、純白ボディに「ありがとう」。トルコから感謝の思いよ届け

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 イスタンブールへと運び込まれたレッドブルRB16Bは、純白の色に染められていた。

 本来ならば今頃、鈴鹿へと運ばれてサーキットを訪れた日本のファンをあっと言わせていたはずのマシンだった。

「もともと10月10日が日本GPで、日本のファンのみなさんに感謝という意味で何か特別なことができないかと、レッドブルとアルファタウリとホンダでいろいろと議論をしてきました。そのなかでより大きな感動を届けたいということで、サプライズ的な要素としてこの案が出たんです」

 ホンダの山本雅史マネージングディレクターは、純白のレッドブルが生まれた経緯をこう説明する。

リアウイングに「ありがとう」の特別カラーリングリアウイングに「ありがとう」の特別カラーリング この記事に関連する写真を見る  日本GPで日本のファンに、サプライズでスペシャルカラーリングを用意する----。そのアイデアは、レッドブル側から提案されたものだったという。

 1965年にホンダが初優勝を挙げたRA272のカラーリングにならって、純白の"チャンピオンシップホワイト"と真っ赤な日の丸。これがRB16Bにペイントされた。

 もちろんこれは、レッドブルからホンダと日本のファンに対する感謝の気持ちを体現したものにほかならない。このマシンが鈴鹿を駆け抜け、超満員のファンの前でホンダの鈴鹿ラストランを飾れれば、どんなにすばらしい感動をもたらしたことか。

 残念ながら日本GPは中止となってしまったが、レッドブルは同じ10月10日に行なわれることになったトルコGPにこのマシンを持ち込むことを決めてくれた。

 開催カレンダーが変わり、ロジスティクス面に大きな変化があったことや(本来はソチから続く3連戦の最後が鈴鹿だった)、前後ウイングやカウルなど膨大な数のスペアパーツまで含めて特別カラーリングを施さなければならないという手間暇を考えれば、これがいかに大変なことであったかがわかる。

 それを押してでも、レッドブルはホンダと日本のファンに感謝の気持ちを伝えようとしたのだ。クリスチャン・ホーナー代表はこう語る。