2021.03.15

今季F1、気になるアルファタウリ・ホンダの実力と日本GP開催の行方は?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

2021シーズンF1注目ポイント@後編

 開幕戦のバーレーンGPまで、あと約2週間。待ちに待ったF1シーズンが幕を開ける。新型コロナウイルスの感染拡大によってさまざまな変更を余儀なくされた1年を経て、今年はどんなシーズンになるのだろうか。注目すべきポイントをピックアップする。

「2021シーズンF1注目ポイント@前編」はこちら>>
「2021シーズンF1注目ポイント@中編」はこちら>>

今年こそ鈴鹿サーキットでF1のバトルが見たい今年こそ鈴鹿サーキットでF1のバトルが見たい (7)熾烈な中団グループ争い。アルファタウリ・ホンダはどの位置?

 昨年は中団グループが極めて僅差の戦いになり、レースごとに勢力図が塗り変えられる大混戦となった。

 最終的にはマクラーレンが中団最上位のランキング3位を獲得したが、マシンパッケージとしてはレーシングポイントのほうが上で、サーキットによってはルノーの後塵も拝していた。それを戦略やドライバーの安定感などチームの総合力でカバーし、常にポイントを稼いで中団トップの座を射止めた。

 レギュレーションとマシンが大きく変わっていないだけに、この大混戦は今シーズンも続くだろう。

 マクラーレンは今年、メルセデスAMG製パワーユニットにスイッチ。信頼性が向上するとともに、決勝でのパフォーマンスが強化されると見られている。

 レーシングポイント(昨年ランキング4位)はマシンコンセプトを大きく変えた昨年、その習熟にやや手間取った。だが、アストンマーティンとしての参戦を開始する今季はコンセプト2年目となり、シーズン開幕から本来の速さを発揮してくるだろう。4度の王者セバスチャン・ベッテルがもたらす経験も、間違いなくチームを大きく成長させてくれるはずだ。

 ルノー(昨年5位)改めアルピーヌは、2021年規定のリアエンドに対して他チームとは異なるアプローチを採っており、これが当たれば大きい。2度の王者フェルナンド・アロンソの加入もあって、こちらもチーム全体としてのステップアップを期している。