2020.11.12

スーパーGT王座争い大接戦。
ホンダ、トヨタ、日産、横一線で最終戦へ

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 新型コロナウイルスの感染拡大により、7月中旬に幕を開けた2020年のスーパーGTも、残すところあと2レース。シリーズ第7戦は11月7日・8日、栃木・ツインリンクもてぎで開催された。

圧倒的な速さでもてぎを制したホンダNSX-GT勢 その「もてぎ」で速さを見せたのは、地元ホンダ勢だ。

 予選ではナンバー64のModulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)が今季2度目のポールポジションを獲得。2番手にはナンバー8のARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)、3番手にはナンバー100のRAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)がつけ、予選上位をホンダ陣営ががっちりと固めた。

 迎えた決勝レース、その3組のなかから主役の座を掴んだのは8号車だ。10周目に野尻がトップに浮上すると、トラブル車両の処理のために導入されたセーフティカーでさらに後続との差を広げる。そして後半を担当した福住もミスのない走りで店、46秒もの大量リードを築いて今季初優勝を飾った。

 GT500クラスへの昇格1年目の福住は、7戦目にして待望の初優勝。レース後、パルクフェルメで号泣していたのが印象的だった。

「レース後半は1周1周がすごく長く感じて......。今年は勝てそうで勝てないレースが続きましたし、ほかのカテゴリーでも順位を下げてしまうことがありました。そういった悪夢が頭をよぎりましたが、とにかく目の前のことに集中しました。本当に勝ててよかったです」(福住)

 ポールポジションの64号車は2位、予選3番手の100号車も順位をキープし、ホンダが表彰台を独占。さらにはナンバー16のRedBull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)が4位、ナンバー17のKEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)も5位に入り、参戦している5台のホンダNSX-GTすべてが上位に名を連ねる快挙を成し遂げた。

 ホンダが来シーズンかぎりでのF1撤退を発表してから1カ月半、戦っているカテゴリーは違うとはいえ、ホンダの看板を背負うドライバーたちの心境は複雑だっただろう。地元もてぎでトップ5を独占できたことに、ホンダドライバーは素直に喜び合った。