2020.10.21

次の日本人F1ドライバー候補。
角田裕毅はレッドブル重鎮のイチ推し

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

 角田裕毅(つのだ・ゆうき)がF1マシンをドライブする。

 11月4日、イモラ・サーキットでアルファタウリの2018年型F1マシン「STR13」をドライブすることが明らかになった。すでにイタリア・ファエンツァにあるファクトリーを訪れ、シート合わせやエンジニアとのミーティングも済ませ、準備は万端だ。

角田裕毅は神奈川県相模原市出身の20歳「テストの最優先事項は300kmを走破することです。少しでも多く走れば走るほどF1マシンの理解を深めることができるので、途中でクラッシュしたり、コースオフしたりはしたくありません。ですから、そんなに攻めて走るつもりはありません。

 いつもどおりドライブしますし、それができるという自信もあります。もちろん、マシンに乗り込んでピット出口のシグナルがグリーンに変わるのを待っている時は、とてもワクワクしていると思いますけどね」

 重要なのは、ただイモラで2年前のF1マシンをドライブすることがゴールではない、ということだ。

 角田とレッドブルとホンダが目指しているのは、その先のFP1公式セッション出走と、F1昇格だ。今回のテストドライブは、その第1ステップに過ぎない。

 少年のような見た目とは裏腹に、角田はいつも強気で、自信に満ちている。

 それはおそらく、周りの誰よりも成熟した目で物事を見て、冷静に考え行動しているからだ。そういう点において小林可夢偉と非常に似たところがあり、つまりは日本人離れした感覚と考え方の持ち主だ。

 角田は今季FIA F2でランキング3位につけ、F1のスーパーライセンス取得に限りなく近づいている。現在の保有ポイントではランキング4位以上が必要となるが、F1の公式セッションにスポット出走すればさらにポイントが加算され、ランキング5位以上でもスーパーライセンスの取得が可能になる。

 その公式セッションであるFP1出走のために、「最新のF1マシンでのレーシングスピードで300km以上の走行経験」を満たしておくべく、このテスト機会が設けられたのだ。ミック・シューマッハらフェラーリの若手3名がFP1デビューに向けてフィオラノでテストを行なったのと同じだ。