2020.10.12

もつれる今季のMotoGP。「コロナ失業」を味わった苦労人が予想外の優勝

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●写真 photo by Takeuchi Hidenobu

◆「これで見納め!美しきF1グリッドガール」はこちら>>> 

 予測がつかない2020年シーズンを象徴するようなレースだった。日曜(10月11日)午後の決勝前に、ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ・チーム)の優勝を予測できた人は、ほとんどいなかったのではないだろうか。 

第10戦フランスGPで優勝したダニロ・ペトルッチ  ル・マンのブガッティサーキットが会場の第10戦フランスGPは、例年5月中旬に行なわれる。この時期のフランス・ロワール地方は日本で言えば梅雨のような気候で、レースウィークのどこかのセッションが必ずといっていいほど雨に見舞われる。今年は新型コロナウイルスが世界的に蔓延している影響により、10月中旬の開催になったが、不安定な天候は例年と同様。しかも、この週末のコンディションはただでさえひんやりする5月よりもさらに寒い、気温も路面も10℃台前半という、まるで真冬のような温度条件で推移した。

 土曜の予選でポールポジションを獲得したのは、前戦で今季3勝目を挙げてランキング首位に立つファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ SRT)。ペトルッチはフロントロー3番グリッドだったが、土曜午後までのセッション内容を見たところ、クアルタラロのペースが一頭地を抜いた状態だった。

 クアルタラロは予選後のコメントも自信が十分に伺える口調で、気象情報どおりに日曜はドライコンディションでレースが行なわれるならば、おそらく独走しそうな気配が濃厚に漂っていた。一方、ランキング2番手につけるジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)は5列目14番グリッド。予選後の言葉もあまりピリッとしない内容で、決勝は苦戦も予想された。

 日曜の決勝レースは、選手全員がグリッドについて、スタートまであと数分と迫った段階でいきなり雨が降り出した。ドライコンディション用のスリックタイヤから、急遽、皆がレインタイヤへ交換する慌ただしい作業を経て、26周のレースが始まった。

 この雨で、戦況がガラリと一変した。