2020.07.17

佐藤琢磨も奮闘のインディカー。
アメリカのコロナ感染者数増で今後は?

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano
  • photo by AP/AFLO

 フロリダ州で3月に開幕する予定だったインディカー・シリーズは、その直前、新型コロナウイルスの感染拡大によりアメリカ政府が国家緊急事態を宣言し、レースウィークエンドに入ったところでキャンセルを余儀なくされた。

 一時はメジャースポーツがすべてストップしたが、5月半ばにストックカーレースがシリーズを再開したのに続き、インディカーも6月初旬にテキサス・モーター・スピードウェイでの開幕に踏み切った。

 インディカー・シリーズは、フロリダ州セントピーターズバーグでの開幕戦のほか、アラバマ州バーミンガム、カリフォルニア州ロングビーチ、テキサス州の州都オースティンでのレースをキャンセル。さらに感染が広がっているミシガン州デトロイト、バージニア州リッチモンド、カナダのトロントもキャンセルすることになった。

 レース数の減少をカバーするためにインディアナポリスのロードコースでのレースを追加したうえ、3イベントをダブルヘッダー化し、世界最大のレースであるインディ500は日程を5月末から8月23日決勝に移した。そして、フロリダ州セントピーターズバーグのレースは10月下旬に復活開催が決まり、2020年シーズンは14戦が確保される見込みとなった。

シリーズ第2戦から3戦連続でトップ10内をキープしている佐藤琢磨 インディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで開催された第2戦は、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング/ホンダ)が開幕戦に続いてライバル勢を圧倒し、2連勝。シリーズチャンピオンに5回も輝いているニュージーランド出身のベテランと彼のチームは、テストがほとんどなく、レースウィークエンドのプラクティスも短く、マシンのファインチューニングが非常に難しい条件下で、飛び抜けた能力を発揮した。

 続く第3戦、第4戦が行なわれたのはウィスコンシン州最大都市のミルウォーキーの北60マイルほどの距位置にあるロードアメリカ。開催が6月から7月に遅れ、ダブルヘッダーになった。

 そしてロードアメリカは、インディカー・シリーズがサーキットに観客を迎えて行なう今年初めてのレースとなった。