2020.07.17

第3戦、レッドブル・ホンダは得意コースで
一矢報いることができるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

■「美しき世界のF1グリッドガールたち」はこちら>>>

 レッドブル・リンクでの2週連続の惨敗から4日。2020年の第3戦はハンガリーのハンガロリンクで行なわれる。

 ハンガロリンクは昨年、レッドブル・ホンダが初のポールポジションを獲得したサーキット。ストレートが短いことから、パワーの差はそれほど重要にはならない。

慎重な姿勢を崩さないフェルスタッペン それだけに、メルセデスAMGに圧倒的な差を見せつけられた今年のレッドブル・ホンダも、このハンガロリンクでは一矢報いることが可能なのではないか、という期待が渦巻いている。

 しかし、それを期待すべきではないかもしれない。マックス・フェルスタッペンは語る。

「チャンスがあることは事実だけど、現実的でなければならないとも思う。今のメルセデスAMGは圧倒的だし、どこのサーキットでも僕らより速いと思う。もちろん僕は全力を尽くすけど、彼らを打ち負かすのはかなり厳しいと思う」

 得意なはずのハンガロリンクでもレースをする前からそう言わざるを得ないほど、先週のシュタイアーマルクGPで見せつけられたメルセデスAMGとの差は圧倒的なものだった。

 レッドブルRB16は、低速コーナーでは速さを見せることができた。だが、ストレートと高速コーナーではメルセデスAMGのほうが速かった。

 レッドブルが苦しんでいたのは、マシン挙動の不安定さである。挙動が突然変化するために予測ができず、マシンを信頼してプッシュすることができない。

 開幕戦では極端にその傾向が見て取れ、第2戦ではダウンフォースをつけることによって改善したものの、その代償としてストレートでの速さを失うことになった。

 そして、なによりショッキングだったのは、そのマシン挙動の安定性という点において、メルセデスAMGが圧倒していたことだ。

「僕らが低速コーナーで速いのは、ポジティブな要素だ。でも、高速コーナーではメルセデスAMGがすごく強力。彼らの車載カメラの映像を見るとすごく安定していて、挙動が予測しやすそうだった。僕らも第2戦ではかなりよくなったとはいえ、彼らはもっと上を行っていると言わざるを得ない。