2020.07.20

ウィズコロナのMotoGP初戦。絶対王者は転倒し、新ヒーローが誕生した

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 2020年のMotoGPスペインGP決勝レースが7月19日に、同国南部アンダルシア地方のヘレスサーキットで開催された。
MotoGP初戦となったスペインGPの表彰の様子 他のスポーツ同様に、MotoGPもCovid-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大により長期間の競技休止を余儀なくされていた。開幕戦カタールGPが行なわれた3月8日から数えると、4ヶ月以上の休止期間を経た再開である。3月の開幕戦では、最高峰のMotoGPクラス開催がキャンセルされ、中排気量のMoto2と小排気量のMoto3という2クラスのみが実施された。したがって、今回のスペインGPはMotoGPクラスが2020年最初のレース、Moto2とMoto3はシーズン2戦目という変則的なスケジュールになっている。

 新たに組み直された2020年のカレンダーでは、同一サーキットで2週連続開催など移動を減らす工夫を凝らした。欧州域内を転戦して11月15日の第14戦バレンシアGPまでが決定している。タイやマレーシアなど、アジアを巡るフライアウェイ・レースについては、7月末までに開催可否を決めるという。

 つまり、今年は全部で何戦を戦うことになるのか、未確定状態のままシーズンが再開した格好となった。選手やチームにとって、一年間を戦い抜くシーズン戦略面で、ある程度の不透明さを残す感は免れない。この課題について、19年王者でディフェンディングチャンピオンのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は走行前の木曜に、「最善の対応策は、開催が決定しているレースで可能な限りたくさんのポイントを獲得しておくこと」と、自らのシーズン戦略を述べた。

 マルケスは土曜の予選を終えてフロントロー3番手を獲得。ポールポジションを奪取したのは、今年がMotoGP2年目のファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ SRT)だった。クアルタラロは、最高峰クラスのデビューイヤーとなった昨年、6回のポールポジションと7回の表彰台を獲得し、すでに驚異的な速さを披露していた。特にこのヘレスサーキットは、昨年初ポールポジションを獲得した記念すべき地だ。今回の予選でも、持ち前のスピードを存分に発揮し、自身が持つ当サーキットのオールタイムラップレコードを0.175秒更新する1分36秒705を記録した。