2020.07.22

フェルスタッペンの心に火を点けた、
メカニックの努力とホンダの心意気

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

◆「美しき世界のF1グリッドガールたち」はこちら>>>

 F1第3戦ハンガリーGP決勝のスターティンググリッドへと各車が向かうなかで、衝撃的な映像が飛び込んで来た。

「ウォールにヒットした」

グリッド上で交換作業を急ぐレッドブルのメカニックたち マックス・フェルスタッペンが濡れた路面に足をすくわれ、止まりきれずにクラッシュ。フロントウイングを失い、左フロントサスペンションを壊しながら、なんとかグリッドへと辿り着いた。

「正直言ってあの瞬間、すべて終わったと思った。ロックアップしてしまって、ブレーキを離してまた踏んだらまたロックして、それでまっすぐコースオフしてしまったんだ。

 グリッド上で起きたことは、みんなも目にしたと思う。ただ、マシンを降りた瞬間は『終わった』って言ったけど、そこからのメカニックのみんなの仕事は本当にすばらしかった」

 グリッド上での作業終了時間まで、12分ほどしかなかった。もしサスペンション全体を交換するなら、通常は1時間半かかる。

 しかし、問題箇所はトラックロッド(ステアリングアーム)とプッシュロッドだけで、モノコックに直付けされた上下ウィッシュボーンは無事だった。そこでレッドブルは、本来の左フロント担当メカニック以外も総出で左サスペンションを取り囲むように交換作業にあたり、残り25秒の時点で作業完了に成功した。

 F1マシンはエリアごとに担当が細分化され、そのエリアを担当するメカニックはパーツを知り尽くしたスペシャリストだ。どんな作業にどれだけ時間がかかるかも、正確に把握している。

 だからこそ、この作業を制限時間内に終える難しさもわかったうえで、「全力を尽くせば自分たちならやれる」という自信と誇りもあったのだろう。

 ミリ単位どころではない正確さが要求される繊細な作業を、彼らは完璧にやり切った。同時に非破壊検査装置を持ち出して、残りのサスペンションアームの安全性を確認することも怠らなかった。

 コクピット内で作業完了の時を待っていたフェルスタッペンはクリスチャン・ホーナー代表と握手し、フォーメーションラップへと出ていった。