2020.07.16

スーパーGT、トヨタ独走に待った!
ホンダが新パーツで好タイム連発

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • photo by ©GTA

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、開幕が大幅にずれ込んだ2020年のスーパーGT。だが、ようやく開幕前テストを無事に終え、7月18日・19日にシーズンが幕を開ける。

新空力パーツ導入で好タイムを記録したホンダNSX-GT 今季は当初、国内外8つのサーキットでレースが開催される予定だった。

 しかし、長距離を移動する多くの関係者の感染リスクを低減するため、シリーズを運営するGTアソシエイション(GTA)は開催地を富士スピードウェイ(静岡県/第1戦、第2戦、第5戦、第8戦)、鈴鹿サーキット(三重県/第3戦、第6戦)、ツインリンクもてぎ(栃木県/第4戦、第7戦)の3カ所に限定し、そのうち前半4戦は無観客で開催すると発表した。

 タイとマレーシアで開催予定だった海外ラウンドは、渡航制限の緩和の見通しが立たないこともあり、現地プロモーターと協議。その結果、今年の開催を見送る決断を下した。

 6月27日・28日には、富士スピードウェイで公式テストが開催。新型コロナウイルス感染防止対策のために無観客での開催となり、報道関係者の入場も一切許されず、その模様は公式映像を担当するJ SPORTSがライブ中継を行なった。

 サーキットに入場するドライバーをはじめ、各チーム関係者はテストの14日前から健康チェックを毎日実施し、関係書類をGTAに提出。現場でのスタッフ人数は厳しく制限されたほか、チーム間の往来ができないような対策も講じられた。

 そのような厳戒態勢を経て、ついにおよそ3カ月ぶりにスーパーGTマシンのサウンドがサーキットに響き渡った。

 2020年からスーパーGTの車両規則が変更。GT500クラスはドイツツーリングカー選手権(DTM)との共通技術規則「クラス1」が導入されることになった。これにより、トヨタ(昨年までレクサス)、日産、ホンダの3メーカーは新規定に沿った新しいマシンを用意した。

 今回のテストで、際立った速さを見せたのがホンダ勢だ。