2020.05.27

親子二代でF1王者。デイモン・ヒルは困窮を乗り越えて勝利した

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

記憶に残るF1ドライバー列伝(6)
デイモン・ヒル

 昨年。2019年の日本GP、真っ白な髪とあごひげをたくわえた、渋い紳士がマイクを持ちながらパドックを歩いていた。1996年のF1チャンピオン、デイモン・ヒルだった。
昨年の日本GP、鈴鹿サーキットを訪れたデイモン・ヒル(写真提供/BMW) 現役時代と変わらぬ引き締まった体形で、どこか気品のある表情で歩く姿はカッコよかった。現役時代のヒルは、チームメイトがアラン・プロスト、アイルトン・セナ、ジャック・ビルヌーブ、ライバルはミハエル・シューマッハと個性の強い選手ばかりだったので、どこか自信がなさそうな姿が印象に残っている。

 しかし現在60歳のヒルは、むしろ現役時代よりもF1チャンピオンらしい堂々とした風格を備えていた。このイギリス紳士然とした風貌はF1で2度(1962年と68年)の世界チャンピオンに輝いた父グラハム・ヒルから受け継いだ。

 グラハムはモナコGPを得意としており、モンテカルロで通算5勝。今、フェルナンド・アロンソがF1のモナコGP、アメリカのインディ500マイルレース、フランスのル・マン24時間レースの世界3大レース制覇を目指しているが、それを約50年前に達成した唯一人のドライバーだ。

 ところが、デイモンが15歳の時にグラハムは自ら興したF1チームのスタッフとともに飛行機の墜落事故で亡くなってしまう。グラハムは保険に入っていなかったために、ヒル家は補償のためにほとんどの財産を手放さなければならなくなってしまった。