2020.03.13

新型コロナウイルスがF1にも影響。フェラーリは問題山積で前途多難

  • サム・コリンズ●取材・文 text by Sam Collins
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

開幕を目前に、問題が残っているフェラーリ F1史上かつてないほど「予想不能」なシーズンが、いよいよその幕を開けようとしている。唯一の例外は、今年もメルセデスとルイス・ハミルトンがチャンピオンの最有力候補であることだろう。

 だが、それ以外の部分は、ふたを開けてみるまでまだわからない。何しろ、今年のF1が全レース開催されるのか、現時点でわかっていないからだ。新型コロナウイルスの影響で、今週末に予定されている開幕戦オーストラリアGPは中止が濃厚とも言われており、開催が危ぶまれている(その後、中止が決定)。また、中国GPは早々に延期が決定。3月22日のバーレーンGPは「無観客レース」として開催される予定だ。さらに、今年初開催のベトナムGPは「開催にむけて準備が進められている」が、パドックでそれを信じている人はわずかだろう。

 また、COVID-19の影響は感染が広がるイタリアに本拠地を置く2チームにも深刻な影響を及ぼしている。フェラーリとアルファタウリ(旧トロロッソ)は、何とかオーストラリアへの入国禁止措置を免れたが、検疫でブロックされるリスクを回避するため、開幕戦後はイタリアに戻らず、次の開催地へ向かう可能性が高い。

 その場合、今後ファクトリーからアップグレードパーツや、スペアパーツの供給に支障が出ることが予想され、仮に2戦目以降の改良ができずにパーツのストックが足りなくなれば、パフォーマンスが低下することも考えられる。