2019.12.28

王者ハミルトンが語る2019年のF1。
4つのステージに分けて検証した

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 全21戦で行なわれた2019年シーズンは、ルイス・ハミルトン=11勝、バルテリ・ボッタス=4勝、計15勝という圧倒的な結果でメルセデスAMGが6連覇を達成した。タイトルを争うはずのライバルたちは、フェラーリ=3勝、レッドブル・ホンダ=3勝にとどまった。

 しかし、その数字だけでは見えない拮抗した争いが展開されたシーズンであったことも、また事実だ。とくに今季は、4つのステージにはっきりと分かれていたのが特徴的だった。

年間11勝と圧倒的な強さで2019年を制したルイス・ハミルトン 第1ステージは開幕からの8戦(第1戦・オーストラリアGP〜第8戦・フランスGP)で、数字上はメルセデスAMGが開幕8連勝を達成した。だが、純粋な速さではフェラーリが拮抗していた。とくに開幕前から序盤数戦は、フェラーリのほうがメルセデスAMGを上回っていたとハミルトン自身が認めている。

「開幕前テストで僕らが実力を見せていないと世間は見ていたようだけど、実際にはあれが真実だった。フェラーリのマシンはすばらしかったし、シーズン序盤はそれをうまく結果に結びつけられなかっただけだ」(ハミルトン)

 開幕前テストの走り始めを行なった時、マシン挙動に苦しんでいたメルセデスAMGはセットアップでなんとかそれを治めた。だが、開幕すると予選ではタイヤを使い切れず、フェラーリの後塵を拝する場面が目立った。

「最大の問題は、タイヤをきちんと理解するということ。それは毎年みんなが直面する課題だけど、とくに今年はその違いが大きかった。たとえば、今年の僕の最大の弱点は予選だったけど、その予選でとてもいいラップを決めることができたと感じていても、(ラップタイムは)周りのライバルほどよくなかったりした」(ハミルトン)

 フェラーリがアグレッシブなパワーユニットの使い方で予選パフォーマンスを向上させたこともあり、メルセデスAMGは予選で苦戦した。しかし、決勝ではフェラーリがトラブルを抱えたり戦略ミスを犯したりと自滅を繰り返し、メルセデスAMGはひとつずつ勝利を拾っていった結果、8連勝という記録が達成されたに過ぎない。