2019.10.31

スーパーフォーミュラ王者決定。
ニック・キャシディが1年越しのリベンジ

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2019シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権が終了した。チャンピオンに輝いたのは、ニュージーランド出身のニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)。最終戦の第7戦・鈴鹿は今年も1ポイントを争う緊迫した状況のなか、キャシディが2位表彰台を獲得して初の栄光を手にした。

参戦3年目にして初の年間王者に輝いたニック・キャシディ キャシディはスーパーフォーミュラ参戦3年目の25歳。昨年は近藤真彦監督が率いるKONDO RACINGで着実にポイントを積み重ね、ランキングトップで最終戦・鈴鹿を迎えていた。

 ところが、当時TEAM MUGENに在籍していたランキング3位の山本尚貴にポールポジションを奪われてしまい、決勝は彼を追いかけていく展開となる。トップで逃げる山本に対し、キャシディは最後まであきらめることなく、最終ラップの最終コーナーまで追いかけ続けた。

 しかし、0.654秒届かず2位でフィニッシュ。わずか1ポイント差で年間王者の座を山本に明け渡す結果となってしまった。

 レース後のキャシディは、視線の焦点が定まらないほど動揺を隠せない様子だった。「まったくミスはなかったし、全力を尽くした。でも、届かなかった……」。悲しさにも似た悔しい表情を見せていたのが印象的だった。

 その苦い経験が、今季のキャシディの原動力となった。

 名門チームであるVANTELIN TEAM TOM’Sに移籍すると、いきなり開幕戦・鈴鹿で優勝。その後もコンスタントにポイントを稼いでいき、第4戦・富士と第5戦・もてぎでは3位表彰台を獲得し、ついにランキングトップに浮上する。

 ただ、それでもキャシディは満足していなかった。「最終戦で絶対に山本が追い上げてくる。だから、もっとポイントが必要だ」。キャシディは第6戦・岡山を「重要な1戦」と位置づけ、並々ならぬ想いで乗り込んだ。

 しかし、その気合いが空回りしてしまう。レース中に接触を喫し、スピンしてしまったのだ。山本は7位で2ポイントを積み重ね、対するキャシディは10位でノーポイント。ドライバーズランキングも山本に1ポイント逆転されてしまった。